家族と住む賃貸物件!選ぶ時のチェックポイント!

家族構成に合わせたベストな間取りの住居を探そう!

夫婦や家族など、一緒に住む人数や家族構成によって、それに合う間取りや広さは違いがあります。家族構成に合う間取りや広さを選ぶことが、新しい住まいの快適な生活への近道になります。例えば、夫婦2人で住む場合ですと、適した間取りは2DKや2LDK、専有面積は40平方メートルから50m平方メートルの住居がベストです。また、お子さんがいる家族層の場合なら、将来お子さんが成長して1人部屋を確保できるように、3DKや3LDK以上の間取りで、専有面積が50平方メートルから60平方メートル以上の広さの部屋を選ぶと良いでしょう。リビングに家族が集まりやすいようにしたいという理想があれば、専有面積が広いリビングの間取りの物件を重点的に住居を探すと良いです。

住む地域の周辺環境をとことんチェック!

賃貸物件を選ぶときは建物や住居の環境も大事ですが、そこでの生活を営むための周辺環境について入念に吟味しておくことも大切です。お子さんが保育園や幼稚園に通う年頃であれば、これから小・中・高等学校に通うための学校施設や、公園や図書館、児童センターなどの公共施設が周辺にあるとプラスポイントになります。また、小さなお子さんやお年寄りと一緒に住む世帯の場合ですと、評判の良い病院や診療所が近くにあるかというところも大事なチェックポイントです。

道路や鉄道の騒音や、工場やゴミ施設などが周辺にあると、騒音や悪臭に悩まされることがあり、特に小さなお子さんやお年寄りの方にとっては健康被害に合う恐れもあるため、マイナスポイントがあるところは避けたほうが良いです。自分たちの家族構成に合わせた、より良い周辺環境の地域を選びましょう。

札幌中央区の賃貸は地下鉄南北線の沿線にあります。また、市電が通り札幌の栄えた中心街が隣接しているため活気のある地域です。家賃の相場は他の区に比べると少し高いですが利便性のある立地です。