生活動線をベースに収納の場所を考えることの重要性

生活動線とはどういったものか?

注文住宅を建てる場合には、生活動線を考慮して間取りの設計を行うことが重要です。この生活動線というのは、実際にその家で生活をした場合に、そこに暮らす人々が頻繁に通るルートを意味する用語で、例えば主婦であれば浴室で洗濯機を回し、洗い終わった洗濯物を持って階段を上って、ベランダで干すといった具合です。生活動線のイメージができれば、なるべくその距離を短くするとともに、動線上に障害物がないような間取りを設計することによって、出来上がった家の快適性をより向上させられるというわけです。先ほどの例で言うと、洗濯物を持って移動する距離はなるべく短い方が負担を軽減できるため、思い切って浴室を2階に持ってきてしまうのも一つの考え方と言えるでしょう。

生活動線が分かれば収納の設置場所も明確になる

生活動線をイメージすれば、収納をどこに配置するとよいかが分かります。例えば、朝起きてスーツに着替えたうえで、朝食をとって会社に向かうというスタイルの方であれば、クローゼットは寝室に設けるか、寝室からダイニングに向かう廊下に設置するのがよいでしょう。一方、起きてからシャワーを浴びてスーツを着るというスタイルの方であれば、クローゼットを脱衣所の横に配置するという考え方も可能です。また、買い物から帰ってきて重い食材を持って移動せずに済むように、玄関からキッチンに直接行けるようにしたうえで、その間にパントリーを設けるという間取りも使い勝手は良好です。このように収納の場所で失敗しないためには、生活動線を意識しておくことが大切なのです。

神奈川の注文住宅を購入するには大手住宅メーカーが多数ありますが、住宅情報サイトを利用すると価格の比較が出来ます。建物のタイプや土地価格で違いますが、土地の坪単価は60万円から100万円前後が多いです。