注文住宅を建てるなら、老後を考えた間取りの設計を

年老いた親を引き取るための部屋

注文住宅を建てる人の多くが、壮年期の働き盛りの時期です。若くて仕事もバリバリとこなしているので、あまり老後のことまで気が回らないのも仕方のないことかもしれません。しかし、両親の老後や介護というのは、そう遠くない将来にやってきます。その時に高齢の親を引き取り介護をする場合を想定して、間取りを考えて置くと後々楽になります。余分に部屋を作れるのであれば、老後のために予備として置いておくのも一つの手です。

バリアフリー化を考慮した間取りにしておく

バリアフリーの建築技術がかなり進歩しているので、どのような家でもバリアフリー化をすることは難しいことではありません。しかし、せっかく注文住宅を建てるのであれば、予めバリアフリーを考えた間取りや設計にしておくことで、後の負担を軽減することができます。できるだけ段差を少なくした設計にしたり、取り付けられるところには手すりを付けておくなどしておけば、老後でも少ない負担でリフォームすることができますよ。

老後に関係するトイレの位置と間取り

若いときには殆ど気になりませんが、歳を取ると家の間取りでトイレの位置というのが重要になってきます。そのため、注文住宅を建てるのであれば、トイレの位置には気を使っておきたいものです。可能であれば、トイレは寝室に近い所に設置しておくことで利便性を高めます。歳を取るとどうしてもトイレが近くなってしまいます。また、2階建て以上の注文住宅を建てる場合には、各回ごとにトイレを設置しておけば、いちいち階段を降りなくて良いので安心です。

愛知の注文住宅は、通勤や通学に便利な主要都市は勿論、自然に恵まれた郊外まで様々な地域に建てることができます。