部屋の広さと収納に注意!注文住宅の設計のコツとは?

部屋の広さは家具がある想定で考えよう

注文住宅では部屋の広さをどのくらいにするかを一つずつ決めていく必要があります。どのくらいの広さがあれば良いかをイメージするには、業者のモデルハウスや住宅展示場などに行ってみるのが良い方法で、部屋の広さと感じる印象を参考にして広さを決めていくと満足度の高い仕上がりになります。ただ、気を付けなければならないのが家具の存在です。家具を増やせば増やすほど部屋が狭くなっていってしまうので、思っていたよりも狭いという状況に陥りがちです。モデルハウスなどとは違う家具を設置する場合がほとんどなので、どんな家具を置くかを大まかに考えておきましょう。それが置いてある想定でどのくらいの面積が残るのかという視点で考えると失敗がありません。

収納は余裕を持って作っておこう

収納は注文住宅を建てるときに気を付けなければならないポイントとしてよく話題に上ります。収納を全く作っていなかったために家具をたくさん買わなければならなくなって部屋も狭くなったというのは昔からしばしばあるミスです。収納は広めに用意するというよりも多めに用意しておくと失敗がありません。余裕を持っておくという点では同じですが、あちこちに収納があることで使うべきところに物が置いてある状態を作ることができて便利になります。狭くて使い道がなさそうなところができてしまっても収納にすれば良いと考えるようにしましょう。収納の出し入れのしやすさも考慮して配置していくようにするとさらに使い勝手の良い住宅に仕上がります。

神奈川県の中でも、横浜はオシャレな街です。その横浜の注文住宅は、建物もデザインがオシャレな住宅が多いです。