賃貸住宅選びで失敗しないために3つのポイントをチェックしよう

礼金がある物件ほどオーナーの信頼度が高い

賃貸住宅を選ぶ際には初期費用をなるべく抑えたいと考えがちですが、初期費用の負担には意味があることを知っておくことが重要です。なぜなら、礼金が設定されている物件はオーナーが建物を建築する際に融資を受けて建築していないことを意味しているので、少なくとも借金経営を行っているオーナーではないと分かるからです。賃貸経営に行き詰まり突然差し押さえと競売によりオーナーが変わってしまうという事態が起きにくい物件だと分かります。

希望条件には優先度をつけよう

部屋を探す時に希望する条件は、多く設定するほど部屋数の絞り込みを行いやすくなります。しかし、同時に希望条件を付けすぎて優良物件が検索に引っ掛からなくなってしまうことが珍しくありません。このため、賃貸住宅選びでは希望条件に優先順位を付けた上で、徐々に絞り込み検索をかけて行くことが重要です。探し始めの段階では希望条件を3つ程度にしておき、対象物件が多すぎれば徐々に希望条件を増やして絞り込み検索を行うことが望ましいです。

契約前には登記簿を確認する

内見を済ませて気に入った賃貸住宅があれば審査申し込みを行うことになりますが、契約前に登記簿の確認を行いたいという旨を不動産会社へ伝えておくと問題がある賃貸住宅を避けてくれるはずです。抵当権設定額があまりにも多すぎる場合には、入居期間中にオーナー変更が発生しやすくなるので次回更新がスムーズに行えるとは限りません。気に入った物件ほど契約更新の可能性を考慮して、オーナー変更に伴う契約解除通告が行われるリスクを避ける必要があります。

札幌東区の賃貸物件はリフォームされたものが人気です。シャワートイレや防犯機能がついている物件もあります。